脱毛ってなんで通い続ける必要があるの?

忙しい人にとって、脱毛サロンを決める上で、大切になってくるのが通う回数だと思います。自由に時間が取れる人にたいしては通う回数は余り気になりませんが、忙しい人たちにとっては大変重要な問題になってきます。

しかし、光脱毛は毛の毛周期を見ながら通わなくてはいけないので、ある程度の通う回数は必要になってきます。

では、脱毛は、なぜ1回で終わらないのでしょうか?

実は私達のムダ毛は生えては抜けるサイクル(周期)を繰り返しているので、1回で完了はできません。これを毛周期と言います。

実は、今、お肌の上に生えている目に見える毛は、全ての毛の細胞の約2〜3割ほどに過ぎません。残りの8〜7割は皮膚の下で休んでいる細胞です。

残念ながら永久系脱毛は、現在活性化をしている目に見える毛の細胞しか、脱毛する事が出来ません。その為、全ての毛を処理しようとすると、何回か脱毛を繰り返しながら、今生えているムダ毛を処理していくしかありません。

脱毛は毛周期にそって行うものです。一般的に2ヶ月に1回の間隔で通います。しかし毛が伸びる周期は人や部位によってことなりますし、全ての毛が同じ工程で生えてくることはありません。

希望部位のムダ毛をほとんどなくしたい方は、新しい毛が3〜6割生えてきたら、脱毛するのが理想的です。また光脱毛やレーザー脱毛は成長期の毛に反応します。毛周期は、成長期→退行期→休止期という工程に分かれます。

成長期→毛根と毛を作る細胞がしっかりと繋がっている元気な状態
退行期→毛根が細胞と離れて自然に抜け落ちる前の状態
休止期→毛が抜けて細胞もお休みをしている状態

理想は、休止期を経て成長毛になるまでの毛の状態の時に脱毛を施術することですが、脱毛施術を行ってから全てのムダ毛が生え揃うのをまつと数ヶ月は待たなくてはいけません。

この状態にするのは不可能です。毛をほぼ無くしたい方は、新しい毛が3〜6割生えてきた状態で、次の脱毛を行うと効果的といえます。

これらの毛の周期を理解することによって、脱毛にある程度、通う回数が必要であることが分かるかと思います。

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓


ひまわり証券でFXを